芸能フォーカス

2018年11月22日

不倫相手から嫌がらせも!大塚愛「耐え難い毎日」で離婚成立!

rakuten.jpg
歌手の大塚愛が離婚を発表した。
元夫は「RIP SLYME」のSU(45)で、
離婚原因は夫の不倫である。
不倫発覚は昨年の4月だが、
大塚はブログでの離婚報告に
この1年半を「耐え難い毎日」だったと綴っている。
芸能人の離婚では“円満”を強調する例がほとんど。
いったい夫婦の間に何があったのか。

[関連商品]

LOVE HONEY TOUR 2017 〜誘惑の香りにYOUワクワク〜 [ 大塚愛 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実は元夫であるSUの不倫相手、
モデルの江夏詩織から嫌がらせを受けていたのだという。
しかも不倫発覚後はそれがエスカレート、
子どもにも危険が及ぶ心配すらあったため、
昨年から別居生活を続けていたという。

しかも夫のSUは不倫発覚後も
まったく反省の色がみえず、
『ラッパーはモテるからしようがない』
というような開き直った態度だったとか。
しかし不倫が発覚したことで
SUは所属事務所から謹慎処分を受け、
ツアーなどの出演もキャンセル。
「RIP SLYME」は先月末で活動休止となった。
公私共に影響が大きかったSUだが、
先月のSNSには
「我が身を省みて恥入るばかりです 
毎日を丁寧に失楽園ベイベーにならぬよう
日々精進を重ねて参ります」
と、ヒット曲をもじった投稿をしており、
本気で反省した様子はない。

[関連商品]

愛 am BEST, too (2CD+Blu-ray) [ 大塚愛 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

一方の大塚は、
9月9日にデビュー15周年を迎え、
来年の元日にベストアルバム
「愛 am BEST,too」を発売し、
4月から全国ツアーをスタートさせる予定だ。
心機一転がんばって欲しい。

posted by ゆかり at 17:55 | 破局や離婚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

江原啓之、宝くじを全面否定!スピリチュアル的に良くない?!

rakuten.jpg
年末ジャンボ宝くじが話題になる季節。
21日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)では、
徳島県北島町にあるイオンタウンチャンスセンターの
宝くじ売り場で、
多くの高額金が当選していることを特集した。
ところがこの日のゲストの江原啓之は、
宝くじを全面的に否定しはじめた。

[関連商品]

自分の家をパワースポットに変える最強のルール46 [ 江原啓之 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この宝くじ売り場では
近くにあるたぬきの祠の再建が決定されてから、
年末ジャンボ宝くじの一等当選者などが続出しているという。
すると江川は
「スピリチュアル的なことで言うとね、
こういうのって自然霊って言ってね、
あんまりいいアレじゃないんですよ。
宝くじに当たる人って、
結構不幸になる人多いって言うでしょ」とコメント。
続けて
「宝くじが当たったら、金貸してくれとか、
寄付の依頼とかいっぱいきたり、
人間関係崩れたり、おかしくなっちゃったりしてね」
と宝くじの怖さを語った。
MC・ふかわりょう(44)が
不幸になる人もいるかもしれないが、
「慎ましやかに我が道を行く方も(いるのでは)」と
無難に話をおさめようとしたものの江原は
「みんなそう思うんだけど、そういかないんですよ。
それだったらばコツコツと
地道に働いていったほうがよっぽどいい」
と断言。
そして
「私はギャンブルも一切しないし、宝くじも一切しない。
それで福がくるのが嫌だから。
だったらば、自分が努力したことで全部解決した方がいい」
と持論を展開した。

[関連商品]

お祓い箱 プレミアム [ 江原 啓之 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

江原さんはお金に困ったことなさそうですもんね。
不幸になってもいいから宝くじに当たりたい!
と思う庶民は多いと思いますけどw

posted by ゆかり at 20:21 | テレビの話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

実は最悪?!倉科カナと破局した竹野内豊の素顔!

rakuten.jpg
竹野内豊(47)とと倉科カナ(30)の
二人が破局した。
交際も5年目に入り、
結婚まで秒読みといわれたカップルに
いったい何があったのか。
原因は竹野内にあると日刊ゲンダイが報じている。

[関連商品]

素敵な選TAXI DVD-BOX
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

福山雅治(49)、玉木宏(38)が結婚した今、
竹野内は独身俳優“最後の砦”といわれているが、
家族問題評論家の池内ひろ美氏は「彼らとはタイプが別」とこう続ける。

「最近、IT社長など経済力のある40歳以上の独身に
『結婚に対するモチベーションがない人』が増えています。
彼らの特徴は、やさしくて、束縛しない、
半同棲などで一緒には暮らさず、
お互いの生活を守ります。
ところが本心は
“自分の生活だけを守りたい”
“そのとき恋人がいればいい”だけで、
2〜4年スパンで彼女がすみついては離れ、
また新たな女性が空いたポストに納まるというのを繰り返すのです」

彼らはガツガツしていないし、束縛しない、
仕事にも理解もあり、
一見“最高の結婚相手”に見えるという。
しかし
「彼が言う、いずれ結婚したいは、
“人生のうちで、いずれは”というだけ」

結婚に煮え切らない竹野内に
倉科のほうから別れを切り出したとされているが、
完全にこのパターンだろう。

[関連商品]

結婚しない男たち 増え続ける未婚男性「ソロ男」のリアル【電子書籍】[ 荒川和久 ]
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

倉科の前は、美人モデルとも交際していた竹野内。
「3高なのに独身」という女性から見れば最高の結婚相手だが、
実は女性を“食い物”にする最低の男性なのかもしれない。


posted by ゆかり at 13:59 | 俳優 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Copyright © 芸能フォーカス All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート